英語は不完全で良い

英語は不完全で良い

完璧主義者は、英語を話したり読んだりする時、すぐに単語を調べてノートなどにまとめる習慣があります。

そしていつの間にか、ノートの作成自体が目的となっているのです。

ただ単語の意味を確かめないと、次のページに進めないのも困りもので、完全主義だとすぐ嫌になって一週間もたつと忘れてしまう…そういった経験はないでしょうか?

無料体験はこちらから!
脳トレ英会話の公式HP

英語学習は不完全主義であるべき

こんなこと言っていいのか分かりませんが、英語なんて常に完璧である必要はなく、むしろ不完全主義であるべきなのです。

アバウトで勝負しましょう(笑)

別に試験もありませんし、話の大筋がを伝わればそれで良いのです!

勘を働かせ脳を動かし、さぁどれくらい話せるのか試してみよう!

こんなふうに気楽であるからこそ、かえって長続きするものなんですよ。

またおすすめのやり方としては、極力辞書を引かないで学習を進めることです。

知らない単語は気にせず、どんどん読み飛ばしてしまいましょう!

そして、薄々と気づいてくるはずです。

分からない単語でも、何度も出てくるものと、そうでないものがあることに。

もちろん、何度も出てくる単語については、いずれ調べる必要があるかもしれません。

しかし意味は文脈からも想像できるようになりますし、最初から辞書を引くわけではないので、サクサクと進めることが出来ます。

私も以前は辞書を引いていましたが、それが非常に面倒で、まどろっこしくて嫌になる。

またその時は覚えていても、3日もたつと忘れてしまうので、自分の記憶力の悪さを毎回確認しているようなものなのです。

年のせいか記憶力がますます悪くなったなぁ…と暗い気持ちになってしまうので、これが挫折に繋がりかねません。

何とかなるさで行こう!

チャーチルの言葉に良い言葉があります。

悲観主義者は、全ての好機にわざわざ困難を見出し、楽観主義者は全ての困難になんとか好機を見出す

皆さんも、英語学習において様々な困難を感じておられるでしょう。

覚えられないし、話せないし、成長が感じられない…。

私も英語でずっと落ちこぼれでしたから、お気持ちは分かります。

しかし脳トレに出会って、自分に自信が持てるようになって、良い意味でいい加減な性格になったのです(笑)

まぁ何とかなるでしょう!

いい加減だと深く考えなので、自分を悲観せず、常に前向きに捉えることが出来ます。

いちいちこだわらず気楽に英語を楽しめる、そんな心境の変化も、また1つ大きな成長なのかなと思いますね。

無料体験はこちらから!
脳トレ英会話の公式HP
TOPページを見る